「堀江はるよのエッセイ」

~日常の哲学・思ったこと考えた事~


CDと楽譜


三十の巻

生垣
 New!



トップページは
カタツムリの独り言
こちら!


生垣


本日は草取り。
しゃがんでの作業は、代わるがわる片膝をついても、長時間になると辛い。
思いついて、前に買ったままになっていた、こまわり君とかいう小型の台車を
使ってみることにした。

台に座って足を投げ出して、開脚前屈の要領で屈みこんで草を採る。
お尻で漕ぐようにしてキャスターでで移動、疲れるとハンドルにもたれて休む。
ハンドルの高さと、私の頭の高さが合って、枕になって具合が良い。仰向くと、
生垣のカイヅカイブキの揃って片側に伸びた枝が、アーケードのように見える。

      *     *     *     

私が育ったとき、生垣はヒバで、高さは一間(1.8m)ほどだった。
その後、家を改築。母と大工さんが相談して、カイヅカイブキに植え替えた。
カイヅカイブキは大きくなる。母の好みもあって、二階建てのお向かいの屋根に
もう少しで届くという高さになった。トタン屋根の平屋に不似合いなこの生垣の
お蔭で、道路から少し入っただけの我が家は、庭だけは「軽井沢?」だった。

その生垣を、伐ることにした。
もともと私たちの分に過ぎたものだったのを、17年間、眺めて暮らせたのは
幸せだった。作業は、これまで世話をしていただいた植木屋さんにお願いした。
藍色の仕事着の植木屋さんの、美しい鋏の音が聞けなくなるのは淋しい。
でも木は生き物、一緒に暮らすなら十分な世話をしなければいけない。
そろそろ思い切ったほうが良いと考えた。

      *     *     *     

作業が始まった。
前の日に、1本1本の根元にお酒をあげて、「今まで有難う」とお礼を言った。
大勢ですれば短期間で終わるけれど、チェーンソーの音が大きくなってご近所の
迷惑になるからと、植木屋さんは一人で来て少しずつ作業を進めている。

チェーンソーの音が時折、遠慮がちに響く。
そっと…そっとで、まるでお茶のお手前のようだ。
庭の景色は、お向かいの家の壁が見えていた昔に戻る。
祖父の頃からのバラやツツジ、母の植えたツバキや低い木たちは健在だ。
高い生垣の無くなった分、陽が入るようになって庭が明るくなった。

今年に入って書きはじめたリコーダーとピアノの曲集は、次が7曲目。
カレンダー形式で3月から8月まで書いて、7曲目は9月。
チェーンソーの音を聞きながら、どんな曲にしようかなぁと考えている。


                         2018.4.17



トップへ戻る       ←前の頁へ         目次へ

 
更新は、毎月1日と15日を予定しております。
  <カタツムリの独り言> 
 サイトマップ


執筆者は、こんな人