石原さんの写真館 2018年 4月


   
  
 
石原さんの写真館・トップ
石原功のプロフィール
3月のお便りへ
5月のお便りへ

   

    3月の神代植物園の桜に続いて、4月には島根へ。
    島根にも桜の名所が沢山あって、二度目の桜見物が出来ました。
    2015年の旅、思い出の写真をお送りします。

                               石原


~もくじ~

   

         

         

   












 

羽田空港から1時間20分程で出雲空港へ、
降り立つと、
出雲縁結び空港」の文字が目に飛び込んできました
縁結びで有名な出雲大社に因んでの、愛称だそうです。

Next











・ 


空港からタクシー。
運転手さんが、出雲蕎麦の美味しい店に案内してくれました。
ざるでは無く、朱塗りの丸い割子に盛られた三枚重ね。
美味しくておかわりしました。

Next












出雲大社 勢溜の大鳥居
(いづもおおやしろ せいだまりのおおとりい)
かつて、この鳥居の辺りには、大きな芝居小屋などがあって賑わい、
人が大勢集まったので「勢溜(せいだまり)」と呼ばれるようになったそうです。


Next










 


松の参道
樹齢数百年の松の並木。
中央は、かつては皇族や勅使が使用した道で、
一般の人は両端の道を歩いたそうです。



Next













 


相撲の神様でもある、野見宿禰(のみのすくね)をお祭りした神社。
宿禰(すくね)は、現在の出雲大社宮司 千家の先祖です。


Next



 







 


野見宿禰の祓橋(はらいのばし)からの桜並木

Next



 







 


松の参道
小雨の中、静けさが心に残りました。


Next



 



 


ムスビの御神像 
大国主命(おおくにぬしのみこと)が、幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)」を受け,
結びの神となった…という場面表している像で、1968年に寄進されたそう。
ご本殿の方をむいて同じポーズをすると、お力をいただけるそうです。



Next



 








 


幸魂奇魂(さきみたま くしみたま)像
国造りをされる大国主大神を、幸魂奇魂が助けられたという神話による。

Next



 




神馬(しんめ)と神牛(しんぎゅう)
特に神馬は「かねおまさん」と呼ばれ、
鼻を触ると子宝を授かると言われています。

Next



 





 


拝殿 
2008年の本殿改修の時は、ご神体を遷す儀式が行われ、
改修工事の期間中、ここが仮の本殿(お仮殿)とされました。
そういうための場所でもあります。後方に、ご本殿が見えます。



Next



 



 

          ご本殿に行く途中で。
          おみくじがこんなに沢山、木の幹が見えません。

    今月はこの辺で。
    本殿へは次号でご案内させて頂きます

                                                  ページトップへ 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
  Site Top  エッセイ  石原功さんの楽譜
「ひらがなの手紙4」より
 
写真館トップへ